「かあちゃんに会いたい」

島田洋七「佐賀のがばいばあちゃん・・」
有名になりましたね。
ドラマを見たことあるのですが、
たくましい動じないおばあちゃんで、
かなりの演出はあっただろうけど、
おもしろかった記憶があります。

海老だと言って食べさせていたお味噌汁が、
実はザリガニだったとか・・・・

運動会の日に、先生がわざと「お腹の調子が悪くなった」と言って、
自分のお弁当を渡すシーンは、ジーンときました。

貧乏の中で工夫をして、開き直り、文句も言わず、
明るく強く生きる姿は、励みになります。

貧乏で食べる物がない時、「ご飯は毎日食べなくてもいいんだ」
と言い切るおばあちゃんは、
うちのおかずがない時の、言い訳になります。
がばいばあちゃんちは、「食事ない時もあるから、うちはましだね」って。

「かあちゃんに会いたい」
かあちゃんに会いたい

<読むきっかけ>
お隣さんが貸してくれました。

<覚書>
◆島田洋七の母親のお話。洋七が2歳の時に父親が死に、強くたくましく生きていく。
◆貧乏人って言われたら、「悔しかったら、おまえも貧乏になってみろ、なりたくてもなれねえだろう」と笑って言い返せるくらいの、明るさ=強さをもとう。
◆離れて暮らしているかあちゃんに「自転車がほしい」と手紙に書いたら、「それ何ですか?みたことがない」「ここら辺では売ってない」「送り方がわからない」などと、強気。お金がなくて買えないとは言わなかった。
◆アパートの屋根に模造紙を何枚も張り合わせ、「あきひろおかえり」という文字が電車から見えるようにした。
◆悩みは、5分で解決せんもんはせん。あとはなるようにしかならん。

<感想>75点
昔の人は、お金がない分、強くてたくましい。
生き抜いていくには、必要なことだったのかもしれません。
今の時代は、裕福だけど、違った悩みが増えていると思う。
どんな状況でも、明るく、乗り越えていくっきゃないね。




comment

Secret

プロフィール

玉です

Author:玉です
仕 事:社会保険労務士
子 供:大学2長男 高2長女 中3次女
ペット:犬2匹 猫2匹 セキセイインコ1匹
年 齢:40代
血液型:AB型(20歳の献血で判明)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

マウスについてくる星

マウスポイントに 星がついてくるよ

駄洒落


名言

リンク

検索フォーム